不動産買取と仲介

不動産を売却する場合、その方法は「仲介」「買取」の2種類があります。

【仲介】

「仲介」は売却したい不動産を不動産業者に依頼をかけて、そこで一般の購入希望者を探して売却する方法です。

【買取】

「買取」は不動産業者に直接その不動産を買取ってもらう方法です。

この2つで大きく異なるのは不動産の買主です。「仲介」ですと、買主は購入希望者となり、「買取」は不動産会社となります。「仲介」の場合は買取主が不動産屋と異なりますので、売却先を探す必要があり、購入希望者が現れるたびに内覧が発生する場合があります。さらに不動産会社には仲介手数料を払う必要があります。また、売却先を見つけたあとでも、条件の交渉に時間がかかることもあります。その分、「仲介」での価格は「買取」を行うよりも高くなる傾向があります。どちらの方法もメリット・デメリットがありますので、状況によって選んでいただく必要があります。

株式会社リノゲートでは、当社がリフォームしてから販売する前提で、適正な価格で責任を持って買い取りますので仲介手数料が不要なだけでなく、即現金化でき、売却時期も明確です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL