離婚時の家の売却

万が一、離婚することになったしまった時には、いろいろな離婚の手続きをしなければなりません。そんな時に持ち家に住宅のローンがある場合は気をつけなければなりません。

ローンの持ち主、あるいはその連帯保証人になっているのであれば、持ち主が返済しない場合は連帯保証人の方は支払わなければなりません。

また、離婚して家を売却するとなったときは「どうやって売却するか」ですが、弊社では今までこういったケースで相談を受けた際に、できるだけ早く、あまり知られずに売却したいと考える方はとても多いです。

 

ローンが残っている場合

離婚するということは、夫婦の間で何らかのわだかまりができてしまったということだと思うので、これからもローンのことを考えていくのは心身ともにつらいと思います。

家を売却して、ローンを完済してしまえばローンのことを考える必要もありませんし、余ったお金は新しい住居や生活費にもあてられます。

 

離婚時の売却には買取がおすすめ

また、売却するときには買取がおすすめです。まず一つは、すぐに現金化できるということ。不動産会社を通して買主を探す仲介は、必ずすぐに売れるという保証はないので、なかなか買主が見つからない場合は不安ですよね。一方の買取は、不動産会社が買い取る為、必ず時間をかけずに現金化できてしまいます。

さらに、できるだけ売却することを知られずに家を売りたいと考えている場合、仲介だと長期化してしまう可能性や広告なども出すこともあるので離婚時にはおすすめできません。買取であれば、長期化せずに即現金化できる為、情報が漏れるリスクはかなり減少します。

 

 

 

 

 

 

離婚時の家の売却相談は株式会社リノゲートへ

広島市の不動産会社、株式会社リノゲートでは今までも様々な理由で「家を売却したい」という方のご相談・買取を行って参りました。弊社では、迅速対応、無料相談・無料査定、秘密厳守を徹底しておりますので、離婚時の家の売却相談は是非、株式会社リノゲートへご相談ください。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL